明治改暦のタイミング(C'案)

 2021-08-12 明治改暦の布告の時刻の表(午前と午後)

| 12時制の時計のデファクト・ルールと、上記の時刻表が不一致である

 2022-06-12 「午前」「午後」検索(補足)

| 明治改暦の建議を行った長崎海軍伝習所出身の塚本明毅も その経路上にいた。

デファクト・ルールを認識していたであろう塚本明毅が係わっていたにも関わらず、
あえて[1]時刻の標準に「零時」を使った別ルールを提案したというのは興味深い。

欧米と別ルールを許容するのであれば、日付の標準についても、「零月」を用いる、

 2024-04-25 明治改暦のタイミング(C案)

の類似案:

 1872 Dec  1st - 明治 5 11月  1日
 1872 Dec 30th - 明治 5 12月  1日
 1873 Jan  1st - 明治 5 12月  3日
 1873 Jan 29th - 明治 6 1月  1日 [2]
 1873 Feb  1st - 明治 6 1月  4日
 1873 Feb 28th - 明治 6 1月 31日
 1873 Mar  1st - 明治 6 2月  1日
           …
 1873 Dec 31st - 明治 6 11月 31日
 1874 Jan  1st - 明治 6 零月  1日 [3]
 1874 Jan 31st - 明治 6 零月 31日
 1874 Feb  1st - 明治 7 1月  1日
        (以下も、同期)

は、あり得たように思いました。

# または 明治N年12月=明治N+1年零月として同月を前後の年に両属と見なす(C”案)。

実際、明治改暦からみれば未来の規格になりますが、

 2021-05-31 strftime の %U 書式

| C言語で日付・時刻を扱う構造体 struct tm での暦月の扱いは、
|
|>int tm_mon; /* 月 [0-11] 0から始まることに注意 */

というような事例が存在します。

この系列の議論、意義が薄いかと思っていましたが、「零」の扱いの分析から、
同時に提案された“日付”と“時刻”の規定を対比して俯瞰するという観点に
つなげることができてよかった。


[1] 見たはずの市川斎宮の改暦案の明治5年版はデファクト・ルール通りです。
[2] 太陰太陽暦の初月は「正月」ですが、太陽暦の初月は「1月」です。
  (これは明治改暦時の変更)
[3] 「午前零時」が前後の日に両属であるのに似ています。

この記事へのコメント