初校の不思議

 2022-03-05 あわただしい展開

一度に複数件の校正作業が出来(しゅったい)しましたが不思議な現象がありました。

Microsoft Word で書いた原文で、ある人名が初出時に姓名(名にふりがな付)、
二度目の出現時に姓のみとなっていたものが、校正初版で初出時に姓のみ、
二度目の出現時に姓名(名にふりがな付)となっていたのでした。

また、もう一件の校正初版では「複」が「復」に化けていた。

どちらも Microsoft Word のファイルを DTP 用のソフトの形式に自動変換した
とすれば不可解で、手作業で入力し直しでもしないと起こりそうにもない。

あるいは著者校正の精度を評価するために、意図的に間違いを混入させて
いるのかもしれません。

ソフトウェアのバグ出し作業を評価するのに、複数のチームに独立並行して
バグ出しをしてもらって、発見したバグがどれくらい重複しているかで、
残存バグ数を推定するといったことはやった記憶がありますが、わざとバグを
混入させておくというテクニックはさすがに経験がありません。

出版の場合に、後者のような手法は一般的に使われているのでしょうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック