「巨大太陽フレア」(つづき)

昨日の件については、

 2021-09-16 フォローアップ3題

の2番目の話題に終わる系列の記事との関連も気になります。

スーパーフレアの物理モデルはかなりの予報精度になってきている由。

記事を読んで理解できる限りでは、上記系列で言及したような、

(1) 赤色矮星では、より規模が大きい。
(2) 高緯度で起こりやすい。

などは、機序として説明しにくいように感じました。

(1) に関しては、絶対値として規模が大きいというよりも、赤色矮星では
ハビタブルゾーンが恒星に極めて近い距離に存在するため、同じ規模でも
遥かに影響が深刻になるということなのかもしれません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック