where? の入力簡略化など

2015-12-22 の記事で

| 年末に向けて、以上の実装を行う予定です。

と書きましたが、本日下記2点の修正を入れました。

★where? の入力簡略化

・町村
  郡名を省略できる。

・市
  政令市か否かに関わらず、都道府県名を省略できる。
  また区大字町丁目名が続かない場合「市」も省略できる。

以上のルールを導入しました。これで、重複が起るのは
府中市(東京・広島)と伊達市(北海道・福島)の2例のみと
なります。これらは北から順に数字の1,2あるいは英字N,S
を付加することで識別することにしました。

 府中市N = 東京都府中市
 伊達2  = 福島県伊達市

という具合です。

★RDFリンクボタンの追加

http://hosi.org/cookies で「Linked Dataの形式」がtxt
または jsonld 以外の場合、イベント画面の事項カラムに
RDFリンクボタンを出すようにしました。

ROLE として {rdf:subject}が定義されていて、主語の
URI が決定できる場合、このボタンで当該 URI を主語と
するトリプルを確認することができます。

本年最終日まで実装にかかってしまいましたが、これで
ようやく実装も一段落[1]し、年が明けたらドキュメントの方
に取りかかりたいと思います。ドキュメントで利用できる
よう意識してブログの方に折々に仕様を書いてきたので、
これを材料としてうまくストーリーにまとめたいものです。


[1] when? や where? で解釈できない文字列を与えられた
  場合など、ヘルプ画面へとばす処理が残っていますが、
  これはドキュメントとしてヘルプ画面を作ってからで
  なければ実装できません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック