Ruby 2.1

2013-12-23の「東京Ruby忘年会」で話題にした Ruby 2.1

RubyInstaller が 2.1 に対応したら入れ替えようと思っていたら、
'DL is deprecated, please use Fiddle'問題とやらで進展なし。

そこでとりあえず ActiveScriptRuby で環境を作って Rails を
動かしてみました。

干潮満潮時刻を一か月分計算する一番重いページ[1]をネット
からブラウズさせたところ

 (1) Ruby 1.9.3 - 43.741s[2] (port 3000)
 (2) Ruby 2.1.2 - 6.563s (port 4000[3])

なんと実行時間は前の環境の15%!

オフラインのtest.rbの実行速度は2割ほど速くなっただけですから
(1)の時間のうち35秒ほどはガベッジコレクションに費やされている
のでしょう。

一番重いページが(2)くらいのレスポンスで動けば実用になる
サーバといえる気がします。

[1] クロウラーが訪れると負荷がかかるので URL は書きません。
[2] http://hosi.org/cookies の Footer Color を Black にすると
  Calculation Time などデバッグ用情報が表示されます。
[3] 実験的に hosi.org:4000 にRuby 2.1.2ベースのサーバを配置
  しました。現時点では Ruby 2.1.2ベースのサーバを port 3000
  に配置しています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック